読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くされ外道戦記

人生で3度の自己破産、経験したことあるかい?

[スポンサードリンク]

借金って簡単に増えるから怖い①【自己破産話】

自己破産 money,money,money

http://www.flickr.com/photos/126278138@N03/17123251389

photo by pictures of money

 

ちっす、KGっす。

今日も引き続き体調かなり悪し。これがスタンダードにならないよーにしたいんだけど、どうだろう。気圧が低い日が続いてるから、ということにしてもらいたいもんだが。

今年は春にかなりハイな躁期が来た(というか自分で作り出してたというか)ので、急激に鬱期に転換してからは、かなりしんどい。この波をもっとゆるやかにしたいんだけどなぁ。

 

さて、今日も自分の棚卸しの続きだ。

とは言うものの、かなり調子悪なのでちょっと短めになる予定。

 

クレジットカードはたくさん作ってはイケナイ

過去2度の経験から、クレジットカードはたくさん作ってはいけないということなぞ重々承知していたはずだった。

でも、結果的には作ってしまっていた。

ここにはやはり「躁」が関わっていたんじゃないかと思う。昨日書いた高額塾の話も、躁状態でなければあんなに渡り歩くこともなかったと思う。

 

初めの1枚は1回払専門・ポイント目当てだった

これ、結構やってる人多いと思う。

実際に、借金なんてする必要のない人ならむしろ奨励されるクレカの使い方だからね。

 

オレの場合、2度めの免責がおりてから5年も経たずにクレカを作ることが出来てしまった。もちろん、その時は一定の収入がある職に就いていたから…だったのかもしれない。

 

最初の1枚は限度額10万円・キャッシング付帯なしだった。1回払しかするつもりはなかったから、それでもまったく問題はなかった。

ただ、カードがまた作れたってことに気を良くしてしまって、試しに2枚目のカードを申し込んでしまった。それも審査が甘かったのか、通ってしまって2枚目のカードを持つことに。

その時もまだポイント目当てだったので、まだ問題はなかった。

 

体調を崩して働けなくなってから…

やはりこのことが一番の転機になるんだろうな。

双極性障害であるってことはもうその何年も前からわかっていたんだけど、それでもなんとかパート勤務で働けてはいた。しかも自宅勤務。絶対に辞めたくなかった仕事だった。

 

でも、やはり自宅勤務でそれだけの時給がもらえる仕事だったので、かなりストレスは多かった。勤務中はWebカメラで完全に管理されていたし、電話の業務なので顔の見えない相手に叱り飛ばされることが多々あった。

オレみたいなヤツは、それだけで気持ちが竦んでしまって、どんどんストレスを溜めてしまうのみ。以前にもテレサポ業務は数年やっていたが、会社に通勤していたし、もっと気持ちも元気だった。それでもかなりのストレスだった。

 

怒られることは多かった。だからそれが蓄積してたんだろうな。ある日、いつも以上にこっぴどく怒られた時、それまでせき止めてたストレスのダムが決壊してしまった。

それ以来、電話の呼び鈴を聴くのもダメになった。当然、それでは仕事にならない。…辞めるしかなかった。

 

仕事はそれしかやってなかったワケではないので無収入ではなかったが、ほとんど無いに等しかった。

月々の支払い、どーする!?…ってことになりますわな、普通。

うん、どーする!?ってなりました、ハイ。

 

…と、今日はここらで疲弊してしまったので…明日へと続く。

 

 

電話サポートやめたら、みんな幸せになれた! (アスカビジネス)

電話サポートやめたら、みんな幸せになれた! (アスカビジネス)

 

こんな本があったんだけど…どんな内容なんだろ。気になる…。

 

 

対話の達人II~対話の力で世界を変える~(発行:株式会社ベルシステム24)

対話の達人II~対話の力で世界を変える~(発行:株式会社ベルシステム24)

 

で、こういうのも。

基本的にクレーム処理だから、テレコミは大変だ。でも会社の最前線にいてお客様の声を直に聞く、という大事な役目でもある。

 

対話のスキルが相当高くないとキツイけどね…